引越し業者へのチップ・心付けは必要!?

迷ってしまう引越し作業員へのチップについて

引越し業者が決まったら、作業員に渡すチップについて悩んでしまう人も多いことでしょう。
チップ、いわゆる心付けは、名前のとおり気持ちを表すものなので、あってもなくても良いというのが一般的なようです。

昔は家族がする仕事を「手伝ってくれた」という考えがあったり、新居に移るのはめでたいことと考えられていたために、このような習慣ができました。
最近ではそのような考えもあまりなく、どちらでも良いというのが正直なところではないでしょうか。

そう言われると逆に困ってしまうのも人間の本心ですが、余裕があればすれば良いでしょうし、引越しはなにかとお金がかかるものですからしないというのもありなので、どちらが正解とはいえないのです。

1番安い引越し業者を探してみる

チップは「ありがとう」という気持ちを表すもの

作業員へのチップが必要か迷う人に言っておきたいのは、必ずしも渡す必要はないということです。

実は引越し業者に支払う料金の中に、こういったサービス料は含まれています。
ですので、絶対に渡さなければいけないというものではありません。

とはいっても、猛暑の中での引越しだったり、荷物が多い場合など「なんだか悪いな」と少しでも思った時には、渡しておいても良いのではないでしょうか。
業者側はいらないと言っても、実際にもらえば嬉しいのが本音です。

正直なところ、後の作業のやる気も変わってくるので、チップを渡すなら作業前に渡すと良いでしょう。
暑い時期の引越しなら、ジュースなどの差し入れをしても良いですね。

1番安い引越し業者を探してみる

渡すタイミングは?どう言って渡せばいい?

作業員へのチップを渡すことに決めたら、次に悩むのは金額です。
あまり多すぎても、少なすぎても良くない気がして悩みますね。

多すぎる場合は、受け取らないこともあるかもしれませんし、一般的に言われているのは、スタッフ一人につき1,000円程度というのが相場のようです。
このくらいが受け取りやすく、少なすぎない金額ではないでしょうか。

渡す時にはそのままではなく、ポチ袋などに入れて一言添えます。
後の作業のために「よろしくお願いします」などとあいさつをして、作業員のリーダーにまとめて渡しましょう。

「お茶代にしてください」と渡すのもスマートです。
飲み物などの差し入れにする場合は、作業後に渡すと良いでしょう。

ページの先頭へ